これをしないとハワイに行けない!ESTA(エスタ)の申請を忘れないで!

アメリカ・ハワイに渡航する際、忘れてはならないのがESTA(エスタ)登録!

これを忘れてしまうと出国・入国できません。旅行も台無し(´・ω・`)

よって、申請は念のため早めに行いましょう。

ESTA(エスタ)とは?

ESTAは、米国国土安全保障省(DHS)により2009年1月12日から義務化されました。このオンラインシステムは、ビザ免除プログラム(VWP)の一部で、短期商用・観光目的(90日以下)の目的で旅行するすべてのビザ免除プログラム渡航者は、米国行きの航空機や船に搭乗する前にオンラインでESTA渡航認証を受けなければなりません。

引用元:在日米国大使館・領事館

何やら難しいですが、簡単に言うと、このエスタに登録すればビザなしでもアメリカに渡航できるということ。

渡航前にあらかじめ個人情報などを登録し、チェックされることで「アメリカに渡航する資格があるかどうか」を判断されます。

ESTA(エスタ)の申請方法と料金

エスタは下記の公式ウェブサイトから登録できます。

ESTAの公式申請サイト⇒https://esta.cbp.dhs.gov/esta/

類似サイトが出回っているようなのでご注意ください!


※写真はイメージです。

料金は有料です。クレジットカードかデビットカードでUS$14の支払いが必要です。

US$なので変動はありますが、だいたい日本円で1400円前後です。

 

入力は英語なので一苦労!

私たちはHISで旅行を申し込んだので「ESTA(エスタ)代行登録サービス」なるものがありました。

ただ、代行料金として一人5,800円(2017年5月現在)かかります。ちょっとお高い;;

よって、私たちは自力で入力し、ちゃんと登録できているかどうかHISさんに後で確認してもらいました。
でも、登録に誤りがあると大使館へ本人から訂正依頼をしなければならないということもあるようなので、不安な方は代行サービスをおすすめします。^^

いつまでに申請すればいいの?

少なくとも出発の72時間前までには提出することとなっています。

しかし、何が起こるかわかりません。メンテナンスだったり、お家の回線がなぜか繋がらなかったりと、思ってもいないトラブルが起きるかもしれないので早めの登録をおすすめします。

だいたい約一か月前までにしておくと安心です。

ESTA(エスタ)登録に関するちょっとヒヤッとしたコト

私はちょっとギリギリで9日前に家族の分を、帰省した際に実家のPCで登録することにしました。

しかし!支払い画面になるとなぜか何度やってもエラー。焦りました。

原因は実家のインターネット回線が「危ないと思ったサイトをブロックする」設定になっていたようで、エスタの支払い画面が何らかの理由でブロックされていたようです。

自分の家に帰り、自分のPCで無事登録完了して事なきを得ましたが、やはりこんなヒヤッとすることのないよう早め早めの行動が肝心です。

ESTA(エスタ)の有効期限は?

ESTA(エスタ)の有効期限は「承認された日から2年間」もしくは「パスポートの有効期間日まで」のいずれか早い方まで有効となります。

ESTA(エスタ)承認画面にて有効期限を確認することができます。

以前申請して有効期限が切れているかどうか不安な方は確認しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*