ハワイ旅行に行くまでにすべきことリスト(フォトウェディング編)

一般的なハワイ旅行で行くまでにすべきこととは別に、「フォトウェディング編」として、すべきことを独自にリストアップしました。^^

スポンサーリンク

自分メンテナンス

・パック

小鼻の毛穴が気になったので、出発前に鼻パックをしました。また、顔全体のパックをハワイに持参し、フォトウェディングの前夜にしてお肌のコンディションを整えました。

これで次の日の化粧ノリが決まります…!

・ムダ毛処理

ドレスは露出が多いのでムダ毛処理を忘れずにしていきましょう!ハワイにも処理道具を持参し、万全の体勢で臨むのがおすすめです。

美容成分配合・除毛クリーム【レジーナ】

・ネイル

ネイルサロンでウェディングネイルをするのが一番良いですが、私はフォトウェディングのみだったのでネイルは市販のものを塗って行きました。

結婚式をしないのなら、手軽なネイルチップでも良いかもしれません。着脱も簡単ですし、結婚式以外でも何度でも使えます。

・ボディケア

ボディスクラブや保湿ケア、UVケアなどでボディも整えておきましょう。背中ニキビは特に早めのケアが大切です。

背中ニキビ(ニキビ跡)に関しては、ボディメイクをしてくれるサロンもあります。しかし、ボディメイクがないサロンもあるので、気になる方は自前に日本で隠す練習をしておくのがおすすめです。



ちなみに、私が予約したサロンではボディメイクのプランがなかったので、自分で日焼け止めを塗った上から軽く粉のファンデーションを塗って気になる部分を隠しました。

・ヘアケア

フォトウェディングのために短かった髪の毛を伸ばし、ロングヘアにして臨みました。

しかし、ロングヘアだと毛先がパサついてくる(´;ω;`)

そこで、出発前に「スティーブンノル コレクション 3デイズ ヘアリニュー」でヘアケアをしました。

その名の通り3日間で指通りがサラサラの髪の毛に蘇るのでこれはおすすめです。

関連記事➡大切な日の前や傷んだ毛先に!3日間の集中ヘアケアトリートメント

用意したもの

・旅のしおり作り

家族で旅行に行く場合、旅のしおりを作ると旅の予定がわかりやすくなり、喜ばれます。
↓実際に家族分作って持参した旅のしおり

また、自分で作っている最中は旅行のイメージがわきやすくなります。忘れていた持ち物やしなければならないことが浮かび上がり、自分たちにも良い作用がもたらされますよ。

・フォトウェディングに使う小物類

小物の持ち込みが制限されるフォトウェディングプランもありますが、持ち込みがOKなら手作り小物などを持参して写真を撮ってもらうと思い出になります。私たちは何も持参しませんでしたが。^^;
私たちが予約したサロンでは最低限の小物が用意されているので、何も作って持って行かなくても大丈夫でした。

・スタッフへのチップ

私たちが申し込んだフォトウェディングプランにはチップが含まれていませんでした。なので、プランの説明書きには、「強制ではないですが、ヘアメイク、カメラマン、アテンダント、リムジンドライバー、送迎ドライバーにチップを20ドルずつお渡しください」と言っているような文章が記載されていました…!

そこで、当日はバタバタとして忙しくなると思い、私たちはあらかじめポチ袋に20ドルずつ入れて用意して行きました。

これが正解で、当日はスマートにスタッフの方々にチップをお渡しすることができました。

日本にはチップを渡す文化がなく、ナマのお金を渡すのにも抵抗があったのですが、ポチ袋に入れるとやっぱり渡しやすいですよ。^^

ちなみに、スタッフがアメリカ人でも日本人でも関係なくチップは渡さなければなりません。「郷に入っては郷に従え」です!

詳しくはこちら➡ハワイ フォトウェデングのチップ事情…誰に、いつ、いくら渡す?

購入したもの

・ブライダルインナー

私が申し込んだフォトウェディングは、下着のレンタルがありませんでした。なので、「ブライダルインナーか肩ひものないインナー(色は白かベージュ)を用意してください」との案内がありました。

私は結婚式をする予定がなかったので、ブライダルインナーを楽天でお安く購入しました。

ちなみに男性は、衣裳がタキシードの場合は足首より長めの靴下(白か黒)、ハーフパンツの場合はフットカバー(靴を履いた状態で見えない靴下)をご用意くださいとのことでしたので、プランの説明書に書いてあるものは忘れずに用意して揃えておきましょう。

いらなかったもの

・ストッキング

ストッキングを一応持参しましたが、必要ありませんでした。

一般的な結婚式ではいるところもあると思いますが、海外でするフォトウェディングではたいていの場合いらないと思います。

私がフォトウェディング時に履いた靴はヒールのないぺったんこのサンダルでした。

撮影も短時間なので靴ずれすることもありません。

まとめ

いかがでしたか?参考になれば幸いです。

日本ではまだしも、海外となるとわからないことが増えます。でも、日本人向けサロンはスタッフさんも日本人の方が多いので安心ですよ。^^

注意しなればならないのはチップ。

ここが日本との大きな違いだと思います。プランにチップが含まれているならいらないですが、何も記載がない場合はチップ代金を持ってサロンに行きましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする