ハワイ フォトウェディングで実際にかかった費用・安くなった要因・妥協しなかったもの

できるだけ費用は抑えたい!でも妥協はしたくない!

一世一代のウェディング。誰もがそう思うのではないでしょうか。

そこで、私たちが行ったハワイでのフォトウェディングで実際にかかった費用と、費用が安くなった要因、妥協しなかったポイントについてお話していきたいと思います。

実際にかかった費用

ハワイのフォトウェディング旅行で私たちが実際に支払った額はズバリ、

合計:約96万円

でした。そう、思った以上にお安かったんです。

家族を合わせた旅費を合わせると230万円ほどにはなりますが、それでも日本で結婚式を挙げるよりは安いです。

では、その安くなった要因と妥協しなかったものについて詳しく見ていきます。

ハワイ フォトウェディング旅行 詳細データ

ちなみに、私たちの旅行詳細データはこんな感じ。これをふまえて見てい頂ければ幸いです。

宿泊日数:ハワイ4泊6日

旅行時期:5月中旬

旅行人数:6名

宿泊ホテル:ヒルトン ハワイアン ビレッジ

挙式:なし

ウェディングフォト:あり

安くなった5つの要因

安くなった(安くした)要因はいくつかあります。意識して節約したわけではなかったのですが、フォトウェディングにしたことによって自然に料金が安くなっていました。

①挙式をしなかった

挙式(結婚式)はせず、フォトウェディングのみにしたため、費用を抑えられました。

「海外挙式でゲストをあまり招待しないから安くつく」と言っても挙式をすると25~100万円ほどかかります。

しかし、私たちは挙式をせずフォトウェディングのみ行ったのでウェディングに関する費用は約20万円に納まりました。

※費用の内訳は下記の項目「③フォトウェディングの時間とグレード」で詳しく説明しています!

②フォトウェディングのオプションは最低限に抑える

下記の「妥協しなかったもの」の項目でもオプションについてはお話ししますが、

フォトウェディングのオプションは「最低限のものだけ」つけるよう気を付けました。

「新郎ヘアセット」「ヘアメイクアテンド」などのオプションもありましたが、自分たちでできることは自分たちでカバーするよう心がけました。

また、「ブーケを造花→生花にする」などこだわることもできましたが、プラン内で基本的な小物は揃っていたので、基本パッケージ内容だけで十分でした。

さらに、「DVD撮影」「アルバム作成」オプションもありましたが、基本パッケージとしてDVD-ROMを日本の住所へ送ってくれるという特典があったので、これも必要ありませんでした。

③家族だけのウェディング旅行にした

友人などは呼ばず、家族だけのウェディング旅行にしたため、かなり費用が抑えられました。

家族で行くことにより気兼ねなく旅行できますし、親孝行にもなりますよ。^^

④両親が自分たちの旅費の大半を負担してくれた

オプショナルツアー代金や食事代、海外旅行保険代金、その他サービス料などは私たち夫婦が負担しましたが、主な旅費は両親それぞれが負担してくれました。

ハワイウェデングを挙げる人は同行者分を全額負担する人もいらっしゃいますし、一部だけ負担するケースもあります。

家族だけの旅行か友人などを呼ぶかで負担額は変わってきます。特に友人を招待するとなると、「せっかく来てもらうのだからお金の負担をしてあげなきゃ!」という気持ちにもなります。しかし、「旅行も兼ねているから負担しなくても大丈夫」と思っている人も意外と多かったりしますよ。^^なので、家族以外のゲストを呼ぶなら予算を「一部負担する」のがベストだと思います。

その場合、航空券やホテルの予約など、ゲストがしなければいけないことが最低限になるように配慮してゲストの負担を減らすと良いと思います。

・割引や特典をできるだけ活用した

私たちはHISで申し込んだのですが、さまざまな特典がついてきました。

例えば、

・3人同じ部屋の宿泊で「トリプル割」適用

・条件を満たせばディナーが6名まで無料になる特典

・スマートWi-Phoneを無料で貸出

・指定のオプショナルツアーが1ツアー無料

などなど。この他にもヒルトンオリジナルの「ブルーハワイが一杯無料」、「空港からの送迎はリムジンでホテルまで」、「ホテル内のラウンジが基本無料で利用可能」などなどこまごまとした特典もかなりありました。

旅行会社や海外ウェデング会社によって、こういった特典の案内があると思うので、忘れずに利用すると便利でお得です。

妥協しなかった4つのこと

挙式をせず、費用自体が抑えられた分、惜しまなかったものもあります。

①飛行機の座席

JALの「プレミアムエコノミー」という座席を予約しました。

「プレミアムエコノミー」とは、「エコノミークラス」と「ビジネスクラス」のちょうど中間のような座席です。

私の母はもう70歳手前なので、長いフライト時間を考慮し、少しでも快適な座席にしたいと思っていました。私たち夫婦だけの旅行ならエコノミーで十分ですが、来てくれる家族への配慮は大切にしたいものです。^^

関連記事➡格段に快適!JAL「プレミアムエコノミークラス」がかなりオススメ

②ホテルの部屋

ホテルは「ヒルトンハワイアンビレッジ」に宿泊しました。中でもレインボータワーの28階という眺めの良い部屋に宿泊!

やはり「ウェディング」という特別感のある旅行だったので宿泊ホテルは少し贅沢なところにしようと決めていました。また、良いホテルに泊まるというだけでも両親へのプレゼントになると思います。^^

ホテル選びのポイント➡ホテル選びのポイント【ヒルトン ハワイアン ビレッジにした決め手】

③フォトウェディングの時間とグレード

私たちが検討していたフォトウェディングのプランでは一番安いもので8万円でした。これでもよかったのですが、場所が「マジックアイランド」というやや人通りの多いところだったので、場所を「ワイマナロビーチ」にグレードアップ

そのため、124,000円になりました。

さらに、時間を有効に使いたかったので「早朝オプション」を利用。これがプラス6,800円かかり、フォトウェデングのお値段は19,200円になりました。

また、スタッフさんへのチップ代や、小物(ブライダルインナーなど)の購入費用などを合わせるとプラスで1万円くらいかかります。

よって、私たちのフォトウェディング費用はトータル約20万円でした。

フォトウェディングの平均費用は約19万円なので平均より少し高めになりましたが、とてもきれいな写真が撮れたし、これがメインの旅行だったので後悔はしていません!^^むしろ、一生の思い出なりました。

フォトウェディング詳細はこちら➡ハワイ ビーチフォトウェディングを体験!スケジュールや感想

④オプショナルツアー

HISさん指定で選べる無料のツアーもあったのですが、希望に沿うものがありませんでした。よって、お金はかかりますが、時間とやりたいことが叶うオプショナルツアーをチョイスしました。

今回はハワイが初めての人も多かったので、「ふらっとオアフ半日観光」というツアーを選択。HISが発行している「LeaLeaマガジン」という冊子から選びました。

値段は日本円で一人6,600円。6人で39,600円でした。

2人だけの旅行ならこれもつけていないと思いますが、来てくれる人の希望を聞くのも大切です!

体験したツアー詳細➡オアフ島半日観光に参加!サクッと短時間でよくばり観光

挙式をしない分、他にお金をかけるのは全然アリ!

結婚=挙式というイメージですが、当たり前にある「挙式」をなくすとお金に余裕ができます。
それを観光やショッピングなどに使うと、とても有意義な時間が過ごせました。

よって私たちの経験から、挙式をなくして安くつくフォトウェディングのみにし、他のことにこだわるのも全然アリです。

最高のロケーションでプロの方に撮影してもらうと記念にも残りますし、両親をハワイに連れて行くと親孝行にもなるので、挙式をしないフォトウェディングは本当におすすめです。^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*